Windowsバックアップ管理の専門ソフトMiniTool ShadowMaker Free(無料版)を使ってみたよ【PR】

4 min
データのバックアップ

この記事では、バックアップ管理の専門ソフトMiniTool ShadowMaker Free(無料版)の紹介と、レビューを書きます。

使用した MiniTool ShadowMaker Free のバージョンは3.6です。

MiniTool には Partition Wizard というソフトもありますが、こちらはパーテイション管理がメインのソフトウエアです。

MiniTool Partition Wizard の記事はこちら。

MiniTool ShadowMaker Feeの特徴

MiniTool ShadowMaker Fee の特徴は次の通りです。

データ同期

ファイルやフォルダをローカルドライブまたは他のデバイスと同期できます。

バックアップと復元

システムを安全にバックアップし、いざというときは外部ドライブからリカバリを実行、問題解決します。

イメージ管理

バックアップイメージファイルの新規作成/照会/削除ができます。

また、複数のバックアップタスクの管理も容易です。

バックアップスケジュール

日、週、月、イベントレベルでバックアップスケジュールをカスタマイズできます。

3つのバックアップスキーマ

完全バックアップ/差分バックアップ/増分バックアップ機能があり、自分に最適なバックアッププランを選択できます。

ディスククローニング

システムドライブをHDDからSSDへ換装する場合などに、ディスクのクローンを作成することができます。

リモートコンピューター管理

LAN内のコンピューターのIPアドレスを入力して、リモートコンピューターのバックアップも行えます。

バックアップイメージ暗号化

バックアップしたイメージファイルを暗号化することにより、データの安全性をアップします。

ブートメニュー追加

ShadowMakerをブートメニューに追加して、ブータブルUSBドライブ、ブータブルフラッシュドライブなどを使用せずにシステムを復元します。

MiniTool ShadowMaker Fee レビュー

MiniTool ShadowMaker Fee を実際に使ってみました。

今回は「ダウンロード」フォルダ内のデータをバックアップし、その後、バックアップしたデータの復元を行います。

MiniTool ShadowMaker を使用する準備

インストールの手順については省略しますが、少し戸惑った言語切り替えの方法について書いておきます。

MiniTool ShadowMaker Fee をインストールして起動すると、次のウィンドウが開きます。

「MiniTool ShadowMaker」インストール直後の起動画面

インストール直後は英語表示になっているので、言語を変更します。

言語を変更するには、ウィンドウ右上のハンバーガーメニューから「Language」→「Japanese」を選択します。

アプリを再起動すると日本語表示に切り替わります。

「MiniTool ShadowMaker」言語を日本語に切り替えた後の起動画面

バックアップ

ウィンドウ上部のメニューから「バックアップ」を選択します。

「MiniTool ShadowMaker」バックアップの画面

ウィンドウ左下の「スケジュール」ボタンをクリックすると、バックアップスケジュールを設定することができます。(今回は使用しません)

「MiniTool ShadowMaker」バックアップのスケジュール設定

「スキーム」をクリックすると、完全バックアップ、増分バックアップ、差分バックアップなどの設定ができます。(今回は使用しません)

「MiniTool ShadowMaker」バックアップスキーム

バックアップ画面には「ソース」と「バックアップ先」が表示されているので、「ソース」を選択してバックアップするデータを選びます。

「ソース」をクリックすると「ソースを選択」ウィンドウが開きます。

「MiniTool ShadowMaker」バックアップのソース選択

「ダウンロード」フォルダをバックアップするので「フォルダとファイル」を選択します。

フォルダまたはファイルを選択する画面が表示されるので「Downloads」にチェックして「OK」をクリックします。

「MiniTool ShadowMaker」バックアップのソースフォルダ選択

「バックアップ先」も同様に選択します。

今回は1GBのSDカードをバックアップ先に選択しました。

「MiniTool ShadowMaker」バックアップでソースとバックアップ先を選択後の画面

ウィンドウ右下にある「今すぐバックアップ」をクリックするとバックアップを開始します。

バックアップ中は進捗率が表示されます。

「MiniTool ShadowMaker」バックアップ実行画面

完了すると「停止」ボタンが「今すぐバックアップ」に変わります。

「MiniTool ShadowMaker」バックアップ完了

バックアップしたデータをエクスプローラー上で確認すると長い文字列のフォルダができていました。

「MiniTool ShadowMaker」バックアップフォルダの中身
パピックス

パピックス

単純にファイルをコピーしているんじゃないんだね。

復元

バックアップしたデータを復元します。

ウィンドウ上部のメニューから「復元」を選択します。

「MiniTool ShadowMaker」復元画面

先ほどバックアップしたデータが表示されています。

右端にある「復元」ボタンをクリックすると「ファイル復元ウィザード」ウィンドウが表示されます。

「MiniTool ShadowMaker」ファイル復元ウィザード

ファイル復元バージョン(日付)を確認し、間違いなければ「次へ」をクリックします。

復元するファイルとフォルダーを選択する画面が表示されます。

「MiniTool ShadowMaker」ファイル復元ウィザードの復元するファイルとフォルダー選択

復元するフォルダとファイルを選択し「次へ」をクリックします。

「復元ターゲットを選択」と表示されるので、データの復元先を指定し「適用」をクリックします。

「MiniTool ShadowMaker」ファイル復元先の選択

「適用」をクリックすると復元がスタートします。

「MiniTool ShadowMaker」ファイル復元実行中画面

次のウィンドウが表示されたら完了です。

「MiniTool ShadowMaker」ファイル復元完了画面

「temp」というフォルダを作成してダウンロードフォルダを復元してみたところ、含まれていたファイルは全て復元されていました。

「MiniTool ShadowMaker」復元したファイルをエクスプローラー上で確認

バックアップ2回目

「ダウンロード」フォルダのデータを一旦消去し、新たに画像ファイルをコピーしてバックアップを行いました。

Windowsのエクスプローラーでファイルを閲覧

バックアップが完了すると復元候補に2つ目のバックアップが表示されました。

「MiniTool ShadowMaker」2回目のバックアップを完了後の画面

スケジュールしてバックアップを定期的に行うとリストで管理できるので便利ですね。

MiniTool ShadowMaker Fee と有料版の比較

MiniTool ShadowMaker Fee で有料版との機能比較表が表示できます。

「MiniTool ShadowMaker」FreeとProの機能比較

公式サイトを確認してMiniTool ShadowMaker Fee と有料版の違いを次の表にまとめました。

機能Fee(無料版)有料版
Windows 7/8/10/11対応
ワークステーション対応
ファイルのバックアップと復元
システムのバックアップと復元
ディスクのバックアップと復元
ファイル同期と検索
ベーシックディスクとダイナミックディスクの複製(シンプルボリューム)
SSL暗号化×
ユニバーサル復元対応×
WinPEでバックアップ
WinPEで同期
WinPEでバックアップ管理
×

バックアップの基本機能については無料版でもほとんど使えます。

必要になった時点で有料版に切り替えるのがいいでしょう。

各バージョンの価格と使用可能PC台数を次の表にまとめました。

機能FeePro [月間サブスクリプション]Pro [年間プラン]Pro Ultimate
使用可能PC台数Free1 PC/1ライセンス2 PCs/1ライセンス3 PCs/1ライセンス
価格無料635円/月(税込699円/月)320円/月(税込352円/月)8,599円(税込9,459円)

価格は変更になる可能性があるため公式サイトでご確認下さい。

MiniTool ShadowMakerの動作環境

MiniTool ShadowMakerの動作環境は次の表の通りです。

項目説明
システム要件プロセッサーPentium 1 GHz
32ビットOSなら1GB RAM
64ビットOSなら2GB RAM
1.5 GBの空きディスク容量
対応オペレーティングシステムWindows 11 (すべてのバージョン)
Windows 10 (すべてのバージョン)
Windows 8 (すべてのバージョン)
Windows 7 (すべてのバージョン)
Windows Vista (すべてのバージョン)
Windows XP (すべてのバージョン)
対応ファイルシステムexFAT
FAT16
FAT32
NTFS
Ext2/3/4
対応ストレージメディアHDD
SSD
USB外付けディスク
Hardware RAID
Network Attached Storage (NAS)
ホームファイルサーバー

MiniTool ShadowMaker Fee まとめ

この記事では、バックアップ管理の専門ソフトMiniTool ShadowMaker Free(無料版)の紹介と、レビューを書きました。

MiniTool ShadowMaker Free は無料版でありながらバックアップの機能がたくさん使える便利なソフトです。

この記事では紹介しきれていない機能がたくさんあるので、気になる方は無料版で体験してみてください。

では。

パピックス

パピックス

3姉妹の父。会社員ブロガーです。
アマゾンエコーやアマゾンミュージックなど家族で楽しめる記事をメインにお届けします。
ご依頼・ご質問は問い合わせフォームよりお願いします。

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です