AndroidからiPhoneへLINEのトーク履歴を簡単に引き継ぐアプリ「iTransor for LINE」をレビュー

9 min
AndroidからiPhoneへLINEのトーク履歴を引き継ぎ

この記事では、AndroidからiPhoneへLINEのトーク履歴を簡単に引き継ぐことができるWindowsアプリ「iTransor for LINE」をレビューします。

LINEのトーク履歴は、AndroidからAndroid、iPhoneからiPhoneなど、同じOS間であればLINEの標準機能でバックアップ可能です。

LINEの公式サイトでも説明があります。

しかし、問題はAndroidからiPhoneへ移行する場合です。

上記の公式サイトにも同一OS間でしかトークの引き続きができないと記載があります。

トークの引き継ぎは、同一OS間でしかできません。

引用 – トーク履歴のバックアップ方法

クラウドにデータ保存するのが当たり前になった時代なので「なんでだよ!」と言いたくなりますが、できないものはできません。

しかし、この記事で紹介する「iTransor for LINE」を使うと、AndroidからiPhoneへトーク履歴を引き継ぐことができるんです。

また、iTransor for LINEはデータの引き続きだけでなく、トーク履歴や写真などをPCへバックアップする機能もあります。

これらの機能を実際に使用してレビューします。

iTransor for LINEのバージョンによって内容が異なる場合がございます。
最新情報は公式サイトにてご確認下さい。

この記事は、iMyFone様から執筆依頼(有償)をいただき書いています。

次の画像または目次をクリックすると読み飛ばしできます。

iTransor for LINE(アイトランサー・ライン)の特徴

iTransor for LINE はLINEのトーク履歴のバックアップと引き継ぎを簡単に行うことができるアプリです。

次のことができます。(公式サイトの情報)

  • LINEのデータを iPhone / Android からパソコンへバックアップする。
  • LINEデータをAndroid / iOSからiOSへ、AndroidからAndroidへ転送する。
  • LINEデータをiTransorバックアップファイルからiOSデバイスに復元する。
  • HTMLやPDF、CSV / XLSなど、多様な形式でトーク履歴をエクスポートする。

iOSとAndroid間でLINEのデータを簡単に転送

iTransor for LINEによるLINEデータの転送は、LINEのメッセージおよびビデオ、画像、スタンプなどの添付ファイルをiPhoneからiPhoneへ、AndroidからiPhoneへ簡単に引き継ぐことができます。

機種変更の際に、大切なLINEデータを新しいスマホへしっかり移行できます。

公式サイトの情報によると、iPhoneからAndroidへのLINEデータの転送も間もなくサポートされる予定です。

詳細は公式サイトでご確認下さい。

LINEを完全バックアップ

iTransor for LINEは、機種やOSの制限を受けることなく、iPhoneやAndroidスマホからLINEのトーク履歴や添付ファイル、LINE Keep(ラインキープ)に保存してある各種コンテンツを、一括でコンピュータにバックアップすることができます。

また、バックアップファイルはバックアップする度に別々のデータとして保存されるので、複数のバックアップを管理するのが楽です。

以前のデータが破壊されたり上書きされることもありません。

LINEデータを自由に閲覧&選択し、好きなファイル形式で出力可能

バックアップしたデータは、LINEのトーク履歴をはじめ、写真、動画、ファイルなど各種データの中身を閲覧可能です。

詳細を確認した後、データ全体エクスポート、または必要なものだけを選んでエクスポートできます。

トーク履歴は、HTML、PDF、CSV / XLSなど、多様な形式で出力可能です。

チャット履歴をHTML形式で保存すると、会話の内容を実機と同じ画面幅で確認可能です。

iTransor for LINE レビュー

iTransor for LINEを実際に使用して機能をレビューしていきます。

次の作業を行います。

  1. LINEのデータ(トーク履歴など)をPCへバックアップする
  2. LINEデータをiTransorバックアップファイルからiOSデバイスに復元する
  3. AndroidからiPhoneへLINEのトーク履歴を引き継ぐ

1と2の作業を行った後、LINEのアカウントデータを初期化し、3の作業を行いました。

使用するのは下記デバイスです。

データ移行元データ移行先
Rakuten HandiPhoneSE(第一世代)

iTransor for LINEはインストールされているものとします。
また、作業は自己責任にてお願いします。

LINEのデータ(トーク履歴など)をPCへバックアップする

iTransor for LINEを使用して、LINEのデータをPCへバックアップします。

iTransor for LINEを起動します。

バックアップするには、ウィンドウ左、上から2つめのアイコンをクリックします。

「iTransor for LINE」デバイス接続画面

データ移行元のAndroidスマホを接続します。

PCにUSB接続したRakuten Hand(Android)

デバイスが認識されない場合は、「デバイスが認識されない場合」をクリックすると対処方法が表示されます。

内容に従い確認します。

「iTransor for LINE」デバイスが認識されない場合の対処方法
パピックス

パピックス

USBケーブルの挿しがあまくて認識していなかった…。

Androidの設定でUSBデバッグを有効にする必要があるようです。

「iTransor for LINE」AndroidでUSBデバッグモードにする手順1

説明に従い進めていきます。

「設定」の「デバイス情報」を表示します。

一番下の「ビルド番号」を7回タップします。

開発者向けオプションが有効になるので「設定」の「システム」を表示します。

「詳細設定」を開くと「開発者向けオプション」があるのでタップします。

「デバッグ」の中の項目に「USBデバッグ」があるので有効にします。

以上がRakuten HandでUSBデバッグを有効にする手順です。

USBデバッグが有効になると、スマホのイラストがはっきりと表示されます。

「iTransor for LINE」デバイス接続待ち画面

「スタート」をクリックしてバックアップを開始します。

確認ウィンドウが表示されました。

「iTransor for LINE」旧バージョンのLINEインストール説明画面

内容としては次の2つです。

  • 旧バージョンのLINEがインストールされる。
  • バックアップアシスタントアプリがインストールされる。
パピックス

パピックス

なんか不安だ…。

しかし、通常できないことをやるにはリスクはつきもの。

勇気を振り絞って「OK」をクリックします。

次は「Google Driveにバックアップを作成」です。

「iTransor for LINE」Googleドライブにバックアップを保存

説明に従いLINEのトーク履歴をGoogle Driveにバックアップします。

古いバージョンのLINEをインストールするため、バックアップ後にLINEをアップデートし、トーク履歴を復元するときに必要なようです。

LINEを開き、右上の歯車マークをタップします。

「設定」画面が表示されるので「トーク」をタップします。

「トーク履歴のバックアップ・復元」をタップします。

「Google アカウント」でアカウントを設定し、「Google ドライブにバックアップする」をタップします。

しばらく待つとトーク履歴のバックアップが完了します。

以上がGoogle DriveにLINEのトーク履歴をバックアップする手順です。

Google Driveへのバックアップが完了したらiTransor for LINEのウィンドウで「完了」をクリックします。

確認メッセージが表示されるので、バックアップが完了していたら「確認しました」をクリックします。

「iTransor for LINE」Googleドライブへのバックアップ完了確認

スマートフォンをPCに接続します。

スマホ側でパスワードの設定が要求されるのでパスワードを設定し、画面下の「データをバックアップ」をタップします。

先ほどスマホで設定したパスワードをiTransor for LINEに入力します。

「iTransor for LINE」LINEbアックアップの暗号入力画面

スマホ側でストレージのアクセスを有効にするようメッセージが表示されます。

「iTransor for LINE」スマホのストレージアクセス確認画面

Androidデバイスで、iTransorAssistantにストレージのアクセス許可をします。

バックアップがスタートします。

「iTransor for LINE」データをパソコンにバックアップする画面

Androidデバイスに最新バージョンのLINEをインストールするようメッセージが表示されます。

「iTransor for LINE」最新バージョンのLINEインストール説明画面
パピックス

パピックス

バックアップ後にLINEを使うには再度スマホにLINEをインストールする必要があるよ。

LINEアプリの再インストールが必要なので、データが消えていないか不安でしたが大丈夫でした。

これでLINEデータのバックアップが完了です。

「iTransor for LINE」LINEデータのバックアップ完了画面

「バックアップデータを表示」をクリックするとバックアップしたデータを確認できます。

「iTransor for LINE」バックアップ表示待ち画面

こんな感じでバックアップしたデータをプレビューできます。

「iTransor for LINE」バックアップしたLINEデータの閲覧画面

写真、メッセージ、ファイルなど全てバックアップできていました。

バックアップしたデータを後日確認する場合は、ウィンドウ左に並んでいる一番下のアイコンをクリックします。

バックアップしたデータがリスト表示されるので確認したいデータを選択し「確認/エクスポート」をクリックすると閲覧画面が表示されます。

LINEデータをiTransorバックアップファイルからiOSデバイスに復元する

AndroidスマホからPCにバックアップしたデータを、iPhone SEへ復元してみます。

ウィンドウ左、上から3つめのアイコンをクリックします。

先ほどバックアップしたデータが1つ表示されています。

「復元する」をクリックします。

プレビューの確認ウィンドウが表示されます。

念のため確認したいので「はい」をクリックします。

プレビュー画面が表示されます。

問題なければ「次へ」をクリックします。

iPhoneをPCに接続し「スタート」をクリックします。

iPhoneでLINEを立ち上げ、同じLINEアカウントでログインします。

「iCloudからバックアップを復元しますか」と訪ねられたら「スキップ」を選択します。

iPhoneでログインできたら、iTransor for LINE の「完了」をクリックします。

あとは待つだけでデータが復元されます。

データ復元前のトーク履歴は次の写真のように「メッセージを表示できません」と表示されていました。

データ復元後は次の写真の通りメッセージが表示されました。

ただし、メッセージ相手のアイコンが表示されなくなりました。

ここは要改善だと思います。

AndroidからiPhoneへLINEのトーク履歴を引き継ぐ

iTransor for LINEを使用して、AndroidデバイスのLINEのトーク履歴をiPhoneへ引き継ぎします。

iTransor for LINEを立ち上げます。

AndroidのLINEのトーク履歴をiPhoneへ引き継ぎぐには、ウィンドウ左、一番上のアイコンをクリックします。(デフォルトで選ばれています)

AndroidデバイスとiPhoneをPCへ接続します。

接続できたら「スタート」をクリックします。

注意メッセージが表示されるので「OK」をクリックします。

Androidデバイスでトーク履歴のバックアップを作成する説明が表示されるので、バックアップを行います。

LINEを開き、右上の歯車マークをタップします。

「設定」画面が表示されるので「トーク」をタップします。

「トーク履歴のバックアップ・復元」をタップします。

「Google アカウント」でアカウントを設定し、「Google ドライブにバックアップする」をタップします。

しばらく待つとトーク履歴のバックアップが完了します。

以上がGoogle DriveにLINEのトーク履歴をバックアップする手順です。

Google Driveへのトーク履歴のバックアップが完了したら「完了」ボタンをクリックします。

確認メッセージが表示されるので、「確認しました」をクリックします。

「iTransor for LINE」Googleドライブへのバックアップ完了確認

スマホ側でパスワードの設定が要求されるのでパスワードを設定し、画面下の「データをバックアップ」をタップします。

先ほどスマホで設定したパスワードをiTransor for LINEに入力します。

「iTransor for LINE」LINEbアックアップの暗号入力画面

Androidデバイスで、iTransorAssistantにストレージのアクセス許可をします。

iTransor for LINEで「完了」をクリックします。

移行先のiPhoneにLINEをインストールしていなかったのでインストールするようメッセージが表示されました。

LINEをインストールして「準備ができました」をクリックします。

Androidデバイスで最新バージョンのLINEをインストールするメッセージが表示されます。

「iTransor for LINE」最新バージョンのLINEインストール説明画面

「OK」をクリックしてウィンドウを閉じます。

データ移行先のiPhoneでLINEにログインできたら「完了」をクリックします。

iPhoneへデータの転送が始まり、しばらく待つと完了します。

これでAndroidのLINEのトーク履歴がiPhoneへ引き継ぎされました。

iPhoneを再起動しLINEのトーク履歴を確認したところ問題なく移行できていました。

データ移行時にAndroidデバイスから読み出したデータは iTransor for LINE のバックアップ履歴に追加されていました。

iTransor for LINE の気になったところ・良かったところ

iTransor for LINEを実際に使ってみて、気になったところ・良かったところをまとめます。

気になったところ
  • バックアップ後にLINEを使うにはアプリの再インストールが必要。
  • USBデバッグモードにするのが不安。
良かったところ
  • 異なるOS間でもLINEのトーク履歴がちゃんと移行できていた。
  • 操作でつまづきそうなところは、iTransorとスマホの両方で説明が表示され助かった。
  • バックアップごとにデータが残り選択して復元できるのは便利。
  • プレビュー機能が優秀。

異なるOS間でのデータ移行だと頻度がすくないためアプリの利用をためらう人が多いと思います。

パピックス

パピックス

僕もそう!

USBデバッグを有効にするのは、やはり勇気が必要です。

またバックアップする度にLINEアプリのインストールが必要なのは、データが消えそうで不安になるため避けたい気持ちでいっぱいです。

ですが、今回試した限りでは問題ありませんでした。

個人的には、iTransor for LINEを使うとバックアップしたデータをプレビューできる点がおすすめポイントです。

例えば、子どもの関係や地域の活動団体などのでグループチャットを使ったことがある方なら、自分がグループチャットから退出した後に、「トーク履歴をみたい!」という経験をされた方も多いでしょう。

そんなときに iTransor for LINE でバックアップを取っておけばPC上でプレビューして確認できます。

パピックス

パピックス

これまではテキストファイルで保存して内容を確認していたんだけど、プレビュー画面の方が見やすくていいね。

iTransor for LINE の評判・口コミ

iTransor for LINEの評判をTwitterで調べました。

iTransor for LINE の動作環境

iTransor for LINE の動作環境は次の通りです。

対応OS

iOSiOS 15
iOS 14
iOS 13
iOS 12
iOS 11
iOS 10
iOS 9
AndroidAndroid 5.0 から Android 11まで

対応デバイス

iPhoneiPhone 13 シリーズ
iPhone 12 シリーズ
iPhone 11 シリーズ
iPhone Xs シリーズ
iPhone Xr
iPhone X
iPhone 8/8 Plus
iPhone 7/7 Plus
iPhone 6 シリーズ
iPhone 5 シリーズ
iPhone 4 シリーズ 全モデルに対応
AndroidSONY
Sharp
Fujitsu
Kyocera
Samsung
Google
Motorola
Huawei
OPPO
LG
Xiaomi
Vivo
Oneplus
などすべてのAndroidスマートフォンとタブレット

ソフトウェア動作環境

プロセッサ(CPU)Windows
1GHz以上(32 ビット版 or 64 ビット版)

Mac
1GHz Intel 以上
RAMWindows
256MB以上 (1024MB が推奨)
Mac
512 MB以上
ハードディスクの空き容量200 MB以上
OSWindows
Win 10 / 8 / 7

Mac
11.2 (macOS Big Sur)
10.15 (macOS Catalina)
10.14 (macOS Mojave)
Mac OS X 10.13 (High Sierra)
10.12 (macOS Sierra)
10.11(El Capitan)
10.10 (Yosemite)
10.9 (Mavericks)

最新情報は公式サイトでご確認ください。

iTransor for LINE 無料体験版と有料版の比較

iTransor for LINE 無料体験版と有料版の違いを表にしました。

項目無料体験版有料版
価格0円3980円
iOSデバイスにやAndroidからのLINEデータをバックアップ
作成したLINEバックアップのすべてのデータを自由に閲覧(プレビュー表示)
LINEデータをAndroidデバイスの間で直接に転送
LINEデータをiOSデバイスの間、またはAndroidからiOSへ直接に転送×
LINEバックアップからデータをiOSデバイスに復元×
LINEデータをバックアップからコンピューターに一括または選択的にエクスポート×

最新情報は公式サイトでご確認ください。

まとめ

この記事では、AndroidからiPhoneへLINEのトーク履歴を簡単に引き継ぐことができるWindowsアプリ「iTransor for LINE」をレビューしました。

実際にやってみたのは次の作業です。

  1. LINEのデータ(トーク履歴など)をPCへバックアップする
  2. LINEデータをiTransorバックアップファイルからiOSデバイスに復元する
  3. AndroidからiPhoneへLINEのトーク履歴を引き継ぐ

AndroidからiPhoneへトーク履歴を引き継ぎたい場合はiTransor for LINEが役立ちます。

また、単純にトーク履歴をPCにバックアップするだけでも価値のあるソフトだなと思いました。

プレビュー機能があるので管理もしやすいです。

機能追加も予定しているようなので公式サイトでもチェックしてみて下さい。

では。

パピックス

パピックス

3姉妹の父。会社員ブロガーです。
アマゾンエコーやアマゾンミュージックなど家族で楽しめる記事をメインにお届けします。
ご依頼・ご質問は問い合わせフォームよりお願いします。

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です