Amazon現金チャージでお得に買い物

【Windows】「やり直し」と「繰り返し」のショートカットキー[Ctrl]+[Y]

4 min 72 views
Windows やり直し/繰り返し ショートカットキー

この記事では、Windowsの「元に戻す」(ショートカットキーなら[Ctrl]+[Z])で元に戻した操作をやり直せる「やり直し」ショートカットキー[Ctrl]+[Y]を紹介します。

既についていけないわ!

パピコ

パピコ

パピックス

パピックス

わかりやすく説明していきます!

「元に戻す」は「やり直し」できる

パソコンを始めた人が早い段階で覚える、「元に戻す」ショートカットキー[Ctrl]+[Z]があります。

【Windows】操作を「元に戻す」ショートカットキー[Ctrl]+[Z]

とても役に立つ機能ですがですが、勢いづいてショートカットキーを連打すると、「戻しすぎた!」なんてことがあります。

また、1回しか元に戻していないのに、予想より前の状態に戻ってしまったなんてこともあります。

そんなときは、「『元に戻す』を元に戻したい!」となるわけですが、叶えてくれるショートカットキーがあります。

そのショートカットキーは

[Ctrl]+[Y]

です。

「元に戻す」は「やり直し」できるんです!

WordやExcelでは日本語で「やり直し」と表示されています。

「元に戻す」「やり直し」って一緒じゃないの?

パピコ

パピコ

パピックス

パピックス

わかりにくいよね 機能としては真逆の機能なんだよ

「元に戻す」と「やり直し」という機能が出てきましたが、言葉だとわかりにくいですよね。

わかりやすく図にするとこんなイメージです。

[Ctrl]+[Z]と[Ctrl]+[Y]の関係の図

[Ctrl]+[Z]は過去に戻ります

[Ctrl]+[Y]は現在(正確には最後の状態)に向かいます

イメージつかめたでしょうか?

イメージだけならなんとか

パピコ

パピコ

パピックス

パピックス

簡単だから慣れてしまえば大丈夫だよ

「やり直し」するショートカットキー[Ctrl]+[Y]

既に説明しましたが、「やり直し」するショートカットキーは[Ctrl]+[Y]です。

実際に「やり直し」を使ってみましょう。
今回はWindows10とMicrosoft Wordを使用して説明します。

まずはWordを起動し、白紙の文書を選びます。
そうすると下図のような真っ白の状態でWordのウィンドウが表示されます。

Microsoft Wordの入力画面

ここに文字を入力していきましょう。
今回は野菜の種類を入力することにします。

「きゅうり」、「なす」、「すいか」と入力します。

Microsoft Wordの入力画面

しかし、「すいか」は果物だ!と思いなおしたので、[Ctrl]+[Z]を押し、一行だけ元に戻します。

Microsoft Wordの入力画面

戻したところで、隣の人に「すいかは野菜だよ」と言われて、元に戻さなければ良かった!という状況になったとしたら、ここで[Ctrl]+[Y]の出番です
[Ctrl]+[Y]を押しましょう。

キーボード上の[Ctrl]+[Y]

すると、元に戻した一行が「やり直し」されて「すいか」という文字が再度表示されます。

Microsoft Wordの入力画面

「やり直し」[Ctrl]+[Y]の基本はこれだけです。
[Ctrl]+[Z]と[Ctrl]+[Y]を使うと、「元に戻す」と「やり直し」の作業効率がとても上がります。

「やり直し」[Ctrl]+[Y]はこんな場面で役立つ

「やり直し」[Ctrl]+[Y]が役立つ場面を紹介します。

例として、先ほどの野菜リストのタイトルを大きくしてみます。

Microsoft Wordの入力画面

やっぱり小さいほうがいいかな?どっちにしよう?と悩んだ時に

[Ctrl]+[Z]で「元に戻す」(文字が小さくなる)

Microsoft Wordの入力画面

[Ctrl]+[Y]で「やり直し」(文字が大きくなる)

Microsoft Wordの入力画面

これを繰り返します。

そうするといちいち文字の大きさを変えなくても[Ctrl]+[Z]と[Ctrl]+[Y]だけで簡単に文字の大きさの比較ができます

もちろん文字の大きさ比較だけではなく、画像を貼り付けた時のビフォアー・アフター比較にも使えます。

このテクニックは資料作成の時に非常に便利なので、ぜひ使ってみてくださいね。

「やり直し」のもう一つの機能「繰り返し」

実は、[Ctrl]+[Y]は[Ctrl]+[Z]の「やり直し」として使用するだけではありません。

Microsoft Office等のアプリケーションでは、もう一つの機能、操作の「繰り返し」としても使用できます。

ひとつのショートカットキーで二つの機能があったらよくわからなくなるわ

パピコ

パピコ

パピックス

パピックス

そうでもないんだよ 実はやっていることは同じなんだ

まず、やってみましょう。
先ほどのWordで作成した野菜リストを使います。
「きゅうり」を赤字にします。

Microsoft Wordの入力画面

これで繰り返し操作として、「赤字にする」という操作が記憶されました
次に「なす」をマウスで選択します。

Microsoft Wordの入力画面

この状態で[Ctrl]+[Y]を押します。

Microsoft Wordの入力画面

すると記憶された「赤字にする」という操作が選択した範囲に適用されました。

再度、別の文字を選択して[Ctrl]+[Y]を押すと繰り返し「赤字にする」ことができます。

この「繰り返し」機能はExcelでもかなり役に立つショートカットキーです。
ぜひ覚えて使用してくださいね。

[Ctrl]+[Z]を押した後の[Ctrl]+[Y]は過去と現在を行き来するイメージです。

しかし、[Ctrl]+[Y]を押しても「これ以上先はないぞ」という状態になると、[Ctrl]+[Y]の機能が「最後の操作を繰り返す」という動作になります

なんとなくわかっていただけたでしょうか?
使っていればすぐなれると思いますので、深く考えずやってみましょう。

「やり直し」と「繰り返し」のショートカットキーまとめ

この記事では、Windowsの「元に戻す」(ショートカットキーなら[Ctrl]+[Z])で元に戻した操作をやり直せる「やり直し」ショートカットキー[Ctrl]+[Y]を紹介しました。

まとめます。

  • [Ctrl]+[Z]で元に戻し過ぎたときは[Ctrl]+[Y]を使えば未来へ戻すことができる
  • [Ctrl]+[Z]と[Ctrl]+[Y]を使えば変更前と変更後の比較が楽に行える
  • [Ctrl]+[Y]は「繰り返し」機能としても使用できる

[Ctrl]+[Y]を[Ctrl]+[Z]と一緒に覚えておけば相乗効果で効率があがります。

パソコンを毎日使っているような人でも[Ctrl]+[Y]を知らない人がたくさんいます。
見つけたら教えてあげましょうね。

【Windows】操作を「元に戻す」ショートカットキー[Ctrl]+[Z]

パソコン初心者の人はコピペも覚えておくととっても役立ちます。

【Windows】パソコン初心者が最初に覚えたいショートカットキー コピー・ペースト(貼り付け)・カット(切り取り)

Microsoft Office 365 Soloのライセンスをお得に購入したいならこちらの記事もおすすめです。

パピックス

パピックス

3姉妹の父。会社員ブロガーです。
アマゾンエコーやアマゾンミュージックなど家族で楽しめる記事をメインにお届けします。
ご依頼・ご質問は問い合わせフォームよりお願いします。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です