グルメ/カフェ

【京丹後市 丹後ジャージー牧場 ミルク工房そら】写真で紹介!ソフトクリーム&ジェラート、ジャージー牛の見学

「ミルク工房そら」の看板

この記事では、京丹後市久美浜町の「丹後ジャージー牧場 ミルク工房そら」を紹介します。

「ミルク工房そら」は、ここの丹後ジャージー牧場からとれたミルクで作ったソフトクリームやジェラートを食べることができます。
丹後ジャージー牧場は、その名の通りジャージー牛がいます。
ジャージー牛のミルクのおいしさは別格ですね。

ソフトクリームやジェラートの他にも、コーヒーやピッツァもあり、全てこだわりをもって作られています。

ミルク工房そら 公式サイト

地元でもリピーターの多い「ミルク工房そら」は、京都府北部に訪れる方は要チェックです!

「ミルク工房そら」の場所・営業時間・駐車場など

「ミルク工房そら」は京都府北部の京丹後市久美浜町にあります。
小天橋のある久美浜湾の近くです。

住所〒629-3441 京都府京丹後市久美浜町神崎411
TEL0772-83-1617
営業時間10:00~17:00
定休日木曜日(祝日の場合は営業)

石窯ピッツァの営業

営業日土・日・祝日(平日は営業していません)
時間11:00~16:00

ミルク工房そらの目印は下の写真の看板です。
道路脇に立っているので、車から見つけることができます。

ミルク工房SORAの看板

駐車場はとても広く30台程度止めることができます。

パピコ
パピコ

いつきても車が沢山とまっているわ

「ミルク工房そら」の駐車場

「ミルク工房そら」ってどんな店?

下の写真の「そら」と書いてある建物がジェラートを売っているお店です。

ミルク工房SORAの正面

下の写真のおしゃれゲートはピッツァを売っている建物へつながっています。
実は右も左も中で行き来できるので、どっちで入っても問題ありません。

ここのベンチも気持ちよさそうですね。

ミルク工房SORAの正面通路

「ミルク工房そら」はSNSでの活動も活発です。
ジェラートは季節ごとに変わるので、リピーターの方はフォローしておくといいかもしれませんね。

「Gelateria sora」と「Pizzeria sora」

先ほどの、建物に続くゲートのところに「Welcome to sora」と書かれた案内がありました。

ミルク工房SORAの案内ボード

が「Gelateria sora」です。
次の商品を購入したい場合は、左の道で「Gelateria sora」へ入って下さいとのこと。

  • ソフトクリーム
  • ジェラート
  • 持ち帰りコーヒー
  • その他、持ち帰り商品

が「Pizzeria sora」です。
「Pizzeria sora」は石窯ピッツァレストランです。

中でつながっているので、後で移動することもできます。

「Pizzeria sora」のテーブルが空いていれば、座ってソフトクリームやジェラートを食べることもできます。

店内の様子

「Gelateria sora」の店内に入ると「ミルク工房そら」のオリジナル商品が売っています。
来る度に増えていますね。

ミルク工房SORAの売店

下の写真がmilkpisミルクピス)です。
個人的にはおすすめの商品です。
1本700円とお手頃価格なので、お土産にはちょうど良いですね。

ミルク工房SORAの売店

ミルクジャムもありました。
食べたことがないですが気になりますね。

ミルク工房SORAの売店

下の写真は「Pizzeria sora」の店内です。
カウンター席はこんな感じでオシャレです。
絵になりますね。

ミルク工房SORAの店内

テーブル席もあります。

「ミルク工房そら」の店内
「ミルク工房そら」の店内

下の写真の右に移っているのがピザを焼く窯です。

「ミルク工房そら」の店内

外にもテーブルがある

お店の外にもテーブルや椅子がいくつか用意されています。
春や秋の天気のいい日は外がいいですね。

猫ちゃんもいます。
本物ですよ。

パピルン
パピルン

気持ちよさそう

ミルク工房SORAの屋外のテーブルと寝ている猫

こんなテーブルもあります。

ミルク工房SORAの屋外の木のテーブル

牧場見学コースでジャージー牛やウサギを見学できる

「ミルク工房そら」のもう一つの魅力は、ジャージー牛が見学できることです
ウサギもいます。
お子さんがいる家族は、ぜひ見学して下さい。

まず駐車場から店までの間で、下の写真の牛さんがお出迎えしてくれます。

ミルク皇后SORAの入り口付近の牛

牧場見学コースもあります。
牧場見学コースは、「Pizzeria sora」の右から行くことができます。
下の写真の看板が目印です。

ミルク工房SORAの牧場見学コース看板

牧場見学コースを歩いて行くと、右の建物の下の窓からジャージー牛が覗いてくれます。

ミルク工房SORAで、のぞき込んでくる牛

優しい顔ですね。
前を通ると下から覗いてくれます。

パピルン
パピルン

でっか~

パピックス
パピックス

人間が好きそうだね

牛舎のなかも覗けます。
立ち入ることはできません。

ミルク工房SORAの牛舎

ウサギのエサが売っていました。
子供が一緒なら買うしかありませんね。

ミルク工房SORAのウサギの餌
パピルン
パピルン

にんじん食べた~!

パピックス
パピックス

かわいい!

ミルク工房SORAのウサギ
パピルン
パピルン

もう一つエサ買って!

パピックス
パピックス

ダメ
ウサギさんお腹いっぱいだよ・・・

「ミルク工房そら」のメニュー

ミルク工房そら「Gelateria sora」のメニューはこちら。

ミルク工房SORAのメニュー

2019年の4月はこちらのジェラートでした。
季節のジェラートが出てくるので、一年中楽しめます。
地元でもリピーターが多く、人気があります。

ミルク工房SORAのジェラートメニュー

2019年6月のメニューはこちらでした。

「ミルク工房そら」のメニュー
ミルク工房SORAのジェラート

「ミルク工房そら」の評判

Twitterでも評判いいようです。

「ミルク工房そら」のジェラートを食べた感想

今回食べたのは

  • ジェラート ダブル(ミルク・抹茶) カップ 480円
  • ジェラート ダブル(ブルーベリーシャーベット・いちごシャーベット) コーン 530円

です。

下の写真がミルクと抹茶です。
カップだとこんな感じ。
量は十分多いです。
小さいお子さんには量が多いので、大人と一緒に食べた方が良いと思います。

ミルク工房SORAのジェラート(カップ)

下の写真は、ブルーベリーシャーベットといちごシャーベットです。
コーンだとこんな感じ。

ミルク工房SORAのジェラート(コーン)

何を食べても味が深くて濃厚です。
ジャージー牛のミルクだからでしょうか。
果肉が入っていて、ジューシーさと甘さがマッチしていて最高です。

シンプルなソフトクリームにも惹かれますが、結局ジェラートにしてしまいました。

まとめ

この記事では、京丹後市久美浜町の「丹後ジャージー牧場 ミルク工房そら」を紹介しました。

ミルク工房そら

こだわりの商品がたくさんある

  • ソフトクリーム
  • ジェラート
  • 石窯ピッツァ
  • コーヒー

持ち帰りできる商品もあるので、京丹後市に訪れた際はお土産におすすめです。
コーヒーはテイクアウトできるのでドライブで立ち寄るのもいいですね。

「ミルク工房そら」の近くには海があります。
近くと行っても車で移動する距離ですが・・・。

春や秋なら砂浜で貝殻拾いがおすすめです。
「ミルク工房そら」と併せて訪れてみてはいかがでしょうか。

箱石海水浴場
京丹後市で貝殻拾いに行くなら箱石海水浴場がおすすめ今回は家族で貝殻拾いに行ってきたお話です。 とっても良い貝殻拾いの場所でした。 下の写真の様な色々な貝殻を見つけることができまし...
こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください